面白い

衣類、テーブルクロス、布地を防水する方法

返却方法 a テーブルクロス または 汚れに強い生地 ? 衣服の防水 :ジャケットまたはコート、カーテン、キャップまたは帽子、 または ビーチパラソル または 未遂 それらをより耐性にすることによって、汚れや悪天候からそれらを保護したいと考えています。 L防水 ファブリック または バッグ したがって、私たちにとって素晴らしいサービスになる可能性があります。だが 生地を防水する方法 ?何であるかを調べます 最高の防水 汚れに強いテキスタイルファブリックの保護のためのプロフェッショナルまたはナチュラルと 組織を治療する方法 本当に防水が必要かどうかをチェックします。

布や衣服を防水するもの

生地を防水する方法

生地や衣服は防水する必要がありますか?

衣服や布地を防水する前に、すでに処理されているかどうかを確認することをお勧めします。

すでに処理されたテキスタイルを防水することは可能ですが、これは役に立ちません。

防水は永遠に続くわけではありません!しばらくすると、1〜2回の洗濯機または手洗いの後、テーブルクロスまたは衣服がなくなっている可能性が高くなります。 レインコート.

したがって、治療を更新する必要があります。

生地の防水性をどのようにチェックしますか

布に水を一滴注ぎます。

ドロップビードとロールは生地の表面にありますか?

完璧です!衣服はまだそのすべての不浸透性を持っています。

一滴の水が墜落し、多かれ少なかれ吸収されますか?

そこには、衣服が防水されていないか、防水性が失われているという証拠があります。

したがって、組織の治療または再処理が必要です。

防汚防水加工を施した生地

どの防水剤を使用するか

のために行く ハイドロオイル忌避剤 プロフェッショナル, 簡単に使用できるフルオロレジンをベースにした無色で目に見えない。

すべての練習には、 TexGuard®治療。

目に見えない防水性で、各繊維を保護フィルムで包み、外部からの攻撃に対してテキスタイルを補強します。これにより、ファブリックの感触や外観を変えることはありません。

処理 TexGuard® 水や液体の汚れが布から滑り落ちます。

単純な防水以上のもの、 染み抜き剤です。

Texguard防水Toutpratiqueストアで販売されています。

何を保護するための防水装置?

コート、ジャケット、帽子、バッグ、靴、布地、カーペット、ラグ、カーテン:防水の用途は無限大です!

表面と厚みの両方で保護されているため、メンテナンスがより簡単で迅速になります。さらに、それらは摩擦に対して並外れた耐性を持ちます。

防水生地、靴へのTexguard..。

防水スプレーの方法

ザ・ Texguard 新しいまたは適切に洗浄された布地、衣類にのみ適用する必要があります。

汚れたものに染み抜き剤をスプレーすると、汚れや染みがつく恐れがあります。

-屋外または換気の良い場所に防水スプレーをかけます。

-衣服をハンガーに掛け、布やテーブルクロスを洗濯ラインに広げて、すべての面にスプレーできるようにします。

-エアロゾルを直立させ、30cmの距離に保ちます。

-ミストが出るように、2回のクロスパスで均一かつ定期的に塗布します。

-まだ濡れている場合は、布や革をこすらないでください

-室温で乾かします。

布地、皮革、カーテン、敷物、衣類は40分で乾き、24時間後に水から保護されます。

防汚効果は2〜3日で効果が出ます

清掃するたびに操作を繰り返してください。

防水の問題

防水処理後に汚れが出た場合は、防水処理が原因です。

-品質が悪い

-色が付いていて、正しい色ではありません

-スプレーが近すぎた

-すでに防水処理されている、または防水処理が不要な布地にスプレーされています。

自家製の防水製品で生地を防水する

-みょうばんの結晶

衣類を洗い、防水処理して完全に乾かします。

次に、ミョウバンの結晶大さじ5とこれを混ぜた冷水で満たされた盆地に30分浸します。

-綿に油をさすためのワックス

綿織物の衣服には、油を塗った綿を再防水して保護するために特別に使用される一種のワックスを塗布します。

ダブルボイラーで加熱してから液体にし、ブラシで衣服に塗ります。

塗布中にドライヤーからの熱風を衣服に向けると、グリースの広がりが良くなります。

-蜜蝋パン

添加物を含まない純粋な蜜蝋パンを使用してください。

また、塗布しやすくするために、ヘアドライヤーを使用して、生地とワックスを溶かさずに少し加熱します。

縫い目を忘れずに、上から下、左から右にワックスバーで生地を完璧にこすります。

角に、指でワックスを広げます。

次に、ハンガーで24時間、暖かく乾燥した場所で衣類を乾かします。

-みょうばん粉

大きな鉢に、250gの天然みょうばん石粉を10リットルの水に注ぎ、熱い「煮る」水で溶かします。

冷まします。

衣服に浸すか、ブラシで塗って、この溶液を衣服に染み込ませます。

ハンガーで乾かします。

Copyright ja.caroleparrish.com 2021