面白い

結婚式での服装の仕方

いかがですか結婚式のためにドレスアップ ?結婚の際には守らなければならない習慣があります。あなたがいる場合 結婚式のゲスト 私たちのアドバイスに従って、着こなしをよくし、特に間違いをしないようにしてください!

結婚式で服を着る方法

結婚式のために着飾る方法

結婚式の日には、新郎新婦を称えるように、つまりできるだけエレガントに着こなしてください。

女性のための

-喪に服している、またはこの結婚式があなたを苦しめていることを示唆している可能性があるため、ドレスを黒にすることはできません

-ドレスは白であってはなりません。

その日の花嫁だけがこの特権を持つべきです。

男性用

結婚式がエレガントなら

花婿、父親、兄弟、義理の兄弟、フィアンセの目撃者はジャケットを着ることはできますが、タキシードを着ることはできません。これはゲストに適用されます。

ドレスコードが提案された場合、結婚式にテーマがある場合は、それに固執してください!

海沿い、田舎、町、大きなホテルのホール、大きなレストランでの結婚式の場合、私たちは同じように服を着ることはありません。

しかし、結婚式のスタイルが重要であろうと親密であろうと、ゲストは新郎新婦を称えるためにドレスの世話をしなければなりません。

市庁舎で着飾る

女性は明るい色またはネイビー色のスーツ(スカートは短すぎず、膝丈、特に目撃者の場合)を着用し、男性はかなり暗いスーツ、シャツ、ネクタイを着用します。

若い人たちは日常の服装を捨て、女の子にはドレスを、男の子には白いシャツを着て、スポーティすぎたり、ずさんなものにしたりします。

教会で身なりを整える

「セクシーな」衣装に密接にまたはリモートで似ているものはすべて避けてください!

ネックラインや背中の開いたドレスを着用しないでください!

あなたの肩を覆うためにジャケットやショールを検討してください。

帽子または帽子なし ?

通常、帽子は親や親戚のために予約されていますが、大規模な結婚式の場合は、遠慮なく帽子をかぶってください。

クラシックすぎず、バッグや靴と調和した、ユーモアのあるスパイスで適切なサイズを選択して、このカードを徹底的にプレイすることもできます

シナゴーグの着こなし

大きな結婚式なのに、 女性たち 帽子をかぶらないでしょう。

ザ・ 男性 新郎新婦の家族が頭にキッパーをつけるという伝統に敬意を表したい人。

彼らがそれを持っていない場合、私たちは彼らにそれを与えます。

夕食や結婚式の夜にぴったりの服装

暗い色、羊毛のような、閉じすぎた、悲しい、そして冬に着るすべてのものを避けてください。

夕方がリラックスしている場合は、 男性 ネクタイ付きの素敵なシャツを着て 女性たち カラフルなプリントとストラップ、またはプレーンのドレス:ピンク、ネイビー、パールグレー、オープンハイヒールの靴。

結婚式では、着用を避けてください。

- ビーチサンダル

- 運動靴

-ワックスをかけられていない靴

-アイロンがけや汚れのない服

-白いタキシードジャケット

- ジョギングパンツ