面白い

就職の面接のためのどのようなアドバイス

とは何ですか 就職の面接 ? メンテナンス 採用は試験ではありません!あなた自身、あなたの背景、あなたのスキルについて話させることによってのみ、 彼の就職の面接、 私たちはあなたが提案されたポジションの正しい候補者であることを確認します。良い印象を与えます!私たちに従ってください のためのアドバイス 十分な情報を得て 就職の面接に合格する.

就職の面接とは

就職の面接とは

就職の面接 を実証する必要があります 役職 提案されたものはあなたの専門的なプロジェクトとよく一致していますが、会社での統合と開発の可能性を視野に入れて、そこで繁栄することができます。

したがって、これは正解または誤答のある試験ではなく、相互の情報収集、候補者と特定の採用担当者(選考事務所、ヘッドハンター、人事マネージャー、部門長など)との間の双方向の対話であり、期待と能力をテストします。あなた自身を披露し、あなたの弱点を守る機会を与えながら、2つの当事者の。

ザ・履歴書。 とlやる気を起こさせる は重要な名刺ですが、採用プロセスで不可欠な要素は採用日です。

警告

面接の前に、あなたを雇うつもりの会社について調べてください。

明らかに、あなたはそれについて質問されるでしょう。

情報が多ければ多いほど、この面接に合格しなければならない可能性が高くなります。

就職の面接をする人

彼らはすることができます:

-人事部長または採用マネージャー

-採用アドバイザー(選考コンサルタント、ヘッドハンター)

-将来のラインマネージャー(一般的にはより技術的なインタビュー)

-局長

-中小企業の場合は社長またはマネージャー

これらのリクルーターは、あなたを連続して、個別に、またはすべて一緒に見ることができます

就職の面接で何をすべきか

さまざまな就職の面接

就職の面接 面と向かって

これは 就職の面接 最も一般的な。それはあなたの性格、あなたの背景とあなたの経験に関する多くの質問を通して、目的とします, アプリケーションを評価します。

電話での就職の面接

スクリーニングの目的で、採用担当者は短い回答を必要とする特定の質問をします。電話で面接するときは、書面と履歴書のコピーを電話で用意しておくことをお勧めします。

カスケード就職面接

あなたは対象となります いくつかのインタビュー 次々と、毎回異なる人々の前で。難しいのは、同じことを説明して与えることです r一人一人への反応。

陪審員の前の就職の面接

合格します の前でのあなたのインタビュー陪審 数人の 関数会社。

ストレスの多い就職面接

採用担当者はこれに合格します genre メンテナンス どんな状況でも良い自制心を維持できるかどうかを確認します。

たとえば、彼はあなたに興味がないことであなたを責めたほうがいいかもしれません 履歴書 または、なぜ彼があなたを雇うのかわからないとあなたに言います。

そうでなければ彼を説得するのはあなた次第です。

状況面接

「...の場合はどうしますか?」で始まる質問を使用します。 »リクルーターは、あなたが新しい職務で遭遇するかもしれないし、遭遇しないかもしれない問題にあなたを突入させます。

彼はあなたの常識をテストします。

就職の面接の期間

それはすべてインタビュアーと 候補者 !

A インタビュー 1対1は、15分と数時間で実行できます。

明らかに、電話インタビューだけがより短い時間で済みます インタビュー の前で 陪審 !

しかし、面接の長さは決して 成功したインタビュー.

ザ・ 成功就職の面接 良い準備だけでなく、すべての交換の評価にもあります。