面白い

かゆみを和らげる方法

何ですか 祖母の治療 にとって 落ち着いて インクルード かゆみ 肌。それは 原因かゆみ アレルギー、ストレス、虫刺され、湿疹のいずれか、これら かゆみ かゆみ "、首、腰、太もも、その他の部分に影響を与える可能性があります 体から。しかし、引っ掻くほど、皮膚がかゆくなります!できなければ 避けるために あなたから スクラッチする、15を発見 自然療法 そして おばあちゃんのレシピかゆみ止め。

15のかゆみ止めおばあちゃんの治療法とヒント

かゆみを和らげる自然療法

かゆみに対して:お風呂

1-でんぷん風呂

1〜2kgを混ぜるスターチ 純水のクォートで、ゆっくりと混ぜ、浴槽のお湯とかき混ぜます。

米飯はでんぷんの代わりになります。

2-クレイバス

で希釈 白い粘土 お風呂の水。

粘土は肌を乾燥させる傾向があります。この入浴後、保湿剤またはチリ産のローズヒップオイルを塗布すると、肌の質と色調が改善されます。 .

3-オートミールバス

オートミール(約2カップ)をナイロンストッキングで囲み、よく閉じてから、お風呂の間に水で振る

4-重曹風呂

重曹をお風呂の水で薄めます。

BoutiqueToutpratiquで重曹を販売していますe

5-ジュニパーバス

少量のミルクで希釈したお風呂にジュニパーエッセンシャルオイルを数滴注ぎます。

または、2 kgの砕いた細い枝と一握りのベリーを、1リットルの水で沸騰させ、ろ過してから、浴槽のお湯に注ぎます。

6-エッセンシャルオイルバス

油を8滴溶かします エッセンシャルベルガモット または大さじ1杯のミルクに安息香を入れてからお風呂の水に注ぎます。

7-クルミの葉風呂

弱火で約15分間、20gから30gの乾燥葉を1リットルの水で沸騰させます。フィルタ。

お風呂の水に注ぎます。

必要に応じて1日2回繰り返します。

かゆみを和らげる自然療法

かゆみを伴う湿布

8-カモミール湿布

1リットルの水を入れた鍋に30gの乾燥カモミールの花を投げます。

10分間沸騰させてから火から下ろします。

冷まします。

フィルタ。

この煎じ薬で湿布を濡らしてから、かゆみに適用します。

約20分間そのままにしておきます。

症状が消えるまで湿布を繰り返します。

Toutpratiqueストアでオーガニックカモミールを販売しています

9-ニンジン湿布

にんじんを細かくすりおろし、細かい布に入れます。

毎晩就寝前にかゆみに湿布を塗ります。

一晩続けてください。

完全に治癒するまで毎晩繰り返します。

10-重曹湿布

小さじ1杯の重曹を少量の水で希釈します。

患部に直接ペーストとして塗布します。

かゆみの自然療法

引っかき傷を止めるために圧縮する

11-エッセンシャルオイル中のカモミール

に適用する 病変 スイートアーモンドオイルに浸した圧縮物に、4〜6滴のカモミールエッセンシャルオイルを加えます。

または、カモミールティーを作るために使用されたかゆみに冷却された小袋を置きます。

12-キャベツの葉

キャベツの葉(大きな葉脈を取り除いたもの)を水に浸して3〜5時間浸します。

患部の皮膚に湿布として直接塗布します.

13-ハニー

患部に直接蜂蜜を塗る

14-アップルサイダービネガー

アップルサイダービネガーで湿布を濡らしてから、肌に塗ります。

小石

15-冷たい小石

寒さは肌の炎症を和らげます。

かゆみの上に冷たい小石を広げます(事前に冷蔵庫にいくつか入れておきます)

自分を傷つけずにはいられませんか?

ひどいですが、爪ではありません!

手の平でこすります。

自分をつまんでください、しかし引っかいてはいけません!

引っかき傷を防ぐオイル

保湿剤または非常に栄養価の高いオイルで炎症を起こした部分をマッサージします。 アボカドオイル または ココナッツオイル.

そして忘れないでください:あなたが引っ掻くほどそれはかゆみます!

Copyright ja.caroleparrish.com 2022