面白い

赤みは何をすべきかに直面している

熱射病に少し似ていますが、 発赤 時々に表示されます ストレスを感じている、またはアルコールを飲みすぎる傾向がある感情的な人々。女性が隠すことができるとしたらどうでしょう 赤いプレート 彼らに ファンデーションの下では、残念ながら男性は頬を補うことができません。方法を見つけます 離陸する この 演奏する 永続的または断続的、時には 酒さ様皮膚炎、そしてそれは 混雑した外観。

顔の赤いパッチ

赤みは何をすべきかに直面している

クーペロシスと酒皶

酒さ様皮膚炎

顔の小血管の病気です。以前はにきび露またはにきび酒皶と呼ばれていましたが、非常に一般的で、男性よりも多くの女性、特に色白の女性に影響を及ぼします。

この病気は軽視すべきではありませんが、皮膚科医が監視する必要があります。そうしないと、悪化する可能性があります。

酒さ様皮膚炎

暖房の効いた店に出入りするとき、空気や外気温に触れてアルコールを飲むと、顔の小さな表在静脈が過度に拡張し、皮膚、頬、鼻の翼、額、または顎。

それは、寒さと暑さの調節の欠陥、胃の障害、または血液の循環不良である可能性があります。

体は顔の温度を調節することができません。

小さな細静脈が顔に定着した場合、皮膚科医はおそらく非常に効果的な電気凝固またはレーザー処置を提案します。

顔の赤みが現れたばかりの場合は、自然療法に従ってください。

顔の赤みに対して

顔の赤みの自然療法

どんな製品でも顔を洗わないでください。赤みの影響を受けたデリケートな肌は、刺激のない製品で治療する必要があります。

1-白い粘土

あなたのを洗う 朝晩50gの自家製ローションで細かい白い粘土 と1リットルのミネラルウォーター。

Toutpratiqueストアで白い粘土を販売しています

2-ミセル水

敏感で反応性の高い肌のために特別に配合されたこの製品は、顔、目、唇をやさしくクレンジングします。

BoutiqueToutpratiqueでは数種類のミセル水を販売しています

3-スイートアーモンドオイル

メイクを落とすには、コットンボールを少量のミネラルウォーターと一滴のミネラルウォーターで湿らせます。'甘いアーモンドオイル.

BoutiqueToutpratiqueでスイートアーモンドオイルを販売しています

4-低アレルギー性塗布剤

有機オリーブオイルとそれに含まれる石灰水により、リニメントは赤みを防ぎながら顔をやさしくクレンジングします。

Toutpratiqueストアでオレオ石灰石塗布剤を販売しています

5-アレッポ石鹸

使用する アレッポ石鹸 最初は週に2回、満足している場合は1日おきに使用します。毎日使用しないでください。

BoutiqueToutpratiqueでアレッポ石鹸を販売しています

6-セロリ

患部に30分間、セルリアックの蒸し物でできたぬるま湯のマスクを塗り、その後すりつぶします。

コットンボールで取り除きます。

7-有機麻油

この刺激的で回復力のあるオイルは、顔の鬱血を解消します。

オメガ3が豊富なヘンプオイルは、静脈循環を活性化し、赤みの出現を減らし、皮膚の炎症を和らげます。

酒皶の影響を効果的に減らすために、このオイルを毎日顔に塗ってください。純粋なものか、デイクリームで希釈したものです。

8-オリーブオイル/レモンエッセンシャルオイル

夕方、完全にクレンジングされた顔に、大さじ1杯のオリーブオイルと20滴の有機レモンエッセンシャルオイルで構成されるオイルを塗ります。

BoutiqueToutpratiqueではオーガニックレモンエッセンシャルオイルを販売しています.

9 - ダマスクローズエッセンシャルオイル

このエッセンシャルオイルは、しみのある肌に奇跡を起こすようです。

ボトルに15滴のローズエッセンシャルオイルを50mlのスイートアーモンドまたはアプリコットオイルに希釈し、毎晩、完全に清潔で乾いた顔に就寝前に塗布します。

ただし、このオイルを塗る前に注意して、24時間前にひじのしわでテストしてください。

イライラした場合は諦めましょう!

顔の赤み

顔の赤みを避ける

-顔が赤くなったと感じたらすぐに

角氷を吸う!

-顔を太陽にさらさないでください

太陽や紫外線にさらされると、紫外線によって血管が永久に拡張したままになることがあります。

安全のために、保護係数の高い日焼け止めで顔を保護し、ミストをスプレーしてください。

-寒さや風から顔を守ります

これは小さな血管の破裂を促進します。シアバターから作られた栄養と保護クリームであなたの顔を保護します。

- リラックス

ヨガを練習し、胃から呼吸することを学び、毎日瞑想を練習します。

-アルコールやコーヒーをできるだけ飲まないか、まったく飲まない

それらは血管の拡張を促進し、発赤の悪化の原因となります。

-できるだけ食べないか、辛すぎたり辛すぎたりしない

それらは内部の温度を上昇させ、顔に赤い斑点を引き起こす可能性があります。

Copyright ja.caroleparrish.com 2021