面白い

ワックス-ワックス生地を洗う方法

アフロシックなトレンド、 ワックス、これは英語で「ワックス」を意味し、 ファブリック、色の輝きを保護するために、原則として熱く流動性のあるワックスで処理された、多様でカラフルなパターンを備えています。フランスでは、他の多くの国と同じように、ターバン、ふんどし、ドレス、トップス、スカートを着て、小さなタッチで、または全体的な外観として、アフリカの女性が最初に着用しました。 ワックス 数ヶ月間ファッションのトップに立っています。ワックス生地は、ファッションアクセサリーや装飾品など、どこにでもあります。この生地は、現代的でエスニックなエレガンスをもたらします。美しいきれいにする方法を見つける ワックス生地.

ワックス生地を洗う

ワックスの洗い方

ワックス

アフリカ全土で採用され、西洋人に乗っ取られたワックスは、その技術がジャワのバティックに触発されており、今日、あらゆる品質とあらゆる価格で存在しています。

オランダ起源のワックスは、最も美しく、最も尊敬されています。

最も普通で最も安いワックスは中国から来ています。上質な綿や合成でさえ、ワックスの原理を尊重せず、片面だけに印刷されている色とワックスのパターンを模倣しています。

ワックスを洗う

ワックスは前面が背面と同じくらい明るく、裏面がなくてもこすれず、その色は並外れたホールド感を持っています。

ただし、ワックスを機械で洗うことはお勧めしません。手洗いをお勧めします。

手洗いワックス

-洗う 暖かい石鹸水で手でワックスのドレス、スカート、シャツ。

-液体洗剤またはシャンプーを数滴使用します。この生地には洗剤や粉末洗剤はお勧めしません。

ワックス生地を洗濯機で洗う

洗濯機でワックスを洗いたい場合。

-ワックスを40°未満で洗浄します。

-漂白剤を含まない液体洗剤を使用する

-低スピンを選択します。

ワックス生地

ワックスから汚れを取り除きます

泥の染みをきれいにする

せっけん水と少量の白酢で染みを使用します。リンス。

血痕をきれいにする

血液の染みを水で薄め、絞り、70°アルコールに浸した布で軽くたたきます。

その後、すすぎまたは洗浄します。

BoutiqueToutpratiqueでは70°アルコールを販売しています

ワインの染みをきれいにする

温かい石鹸水とレモンジュースを一滴垂らした布でワインの染みをこすり、きれいにします。

リンス。洗ってください。

わをアイロンバツ

ワックスにアイロンをかけ、湿らせた布でアイロンからの過度の熱からワックスを保護します。

警告

一部の低品質のワックスはこすれる可能性があります。

白いリネンや明るい色の服で洗うことは避けてください。

こすり落とすワックスの色を修正する

原則として、最もカラフルなワックスでさえもこすり落とされません。

ワックスの原理を尊重せずに印刷された模造ワックスの場合、

それはこすり落とすことができます。

ここにあなたの色を修正するための3つのヒントがあります。

-ホワイトビネガー

洗濯する前に、色が固定されていない衣服を、1カップの白アルコール酢ともう1杯の粗塩を入れた冷水で満たされた流しまたは洗面器に浸します。

1〜2時間排水しておきます。

冷水で洗い流してください。

再び浸しますが、今回は水だけで、何もしません。

それでも水が着色している​​場合は、酢を追加します。そして、その水に衣服を1時間長く置きます。

冷水で洗い流してください。

漂白剤を含まない液体洗剤で洗ってください。

そして、もう一度すすぎます。

色が落ちた場合は、水が着色している​​限り、酢と粗塩溶液に浸すことを繰り返します。

-粗塩

ぬるま湯と塩に布を浸します。

塩の量は、衣服の重さを量り、衣服の重量を半分に割ることによって計算されます。

時々木製のヘラで衣服をかき混ぜることを忘れないで、朝か午後の間それをつけたままにしてください。

よくすすいでください。

それでも色が出る場合は、最初からやり直してください。

-プロのファブリックカラーフィクサー

すべての布地染料ブランドは、その範囲で提供します フィクサー 修正するには 衣類 染色後。

ドラムに直接注がれる塩です。

色を保つ 模造ワックス生地

本物のワクはその輝きと色をすべて保持します。そうでない場合は、水に追加します すすぎ 白酢(コーヒーカップの中身)。

ワックスの色をよみがえらせる

-重炭酸塩

お湯と重曹の溶液に衣類や布を浸します。

お湯1リットルあたり重曹1カップ.

BoutiqueToutpratiqueでは重曹を販売しています

-上質な塩

花や縞模様の衣類や布地を小さじ1杯の塩を入れた水(4リットル)に浸します。

-エプソム塩または硫酸マグネシウム

エプソム塩または硫酸マグネシウムは、生地の色を柔らかくし、蘇らせるという特殊性を持っています。

BoutiqueToutpratiqueでエプソムソルトを販売しています

ワックスワックス生地

数回洗浄すると、一部のワックス生地はワックスのような外観を失います。ワックスをワックスする方法は次のとおりです。

パスワックス

ファブリックワックスのブロックを入手してください。

滑らかで平らな面に衣服を置きます。

緩すぎないジェスチャーで生地にワックスをこすり、2本の指でしっかりと伸ばします。

あまり圧力をかけずに徐々にこすりながら、垂直方向にワックスを塗ります。

層は薄く均一でなければなりません。

層が薄いほど、より多く保持されます。

1インチを逃していないことを確認しながら、上下逆さまに進みます。

ワックスを溶かす

ワックスが十分に広がったら、ブロードライヤーからの熱風でワックスを加熱してワックスを溶かします。

またはワックスを鉄で溶かします(弱火/中火に設定し、蒸気なし)

ワックスは約55-60°C(131-140°F)で溶けます。

その後、ワックスやキャンドルの痕跡が消え、生地は徐々に光沢のある外観になります。

ワックスが十分に光沢がないように見える場合は、ワックスの2番目のコートにアイロンをかけます。