面白い

ボタン、ホッチキス、裾の縫い方

方法 ボタンを縫う、ステープルまたは ?良いアドバイス ボタンを修正する あなたの服と裾の あなたの ズボン またはあなたの スカート。あなたの生活を楽にする簡単な縫製技術。

ボタン、ホッチキス、裾の縫い方

3つのボタンボタンを縫う

ボタンを縫う必要がある場所で、生地の裏側にステッチを作ります。

次に、針とボタンの色が望ましい二重糸を使用して、常に正しい場所でステッチするように注意しながら、ボタンの穴に針を通します(少なくとも6〜8回)。

生地がコートのように非常に厚い場合は、ボタンと生地の間に糸でロッドを形成し、糸を数回巻き、しっかりと締め、最後に裏側で数回重ねて止めます。

よく縫われたボタン

ボタンが衣服にくっついたり、ぶら下がったりしてはいけません。

完璧に縫うために、ボタンにマッチを配置します(穴を塞がないように注意してください)。次に、毎回マッチに糸を通してボタンを縫います。

縫い目が終わったら、それを取り除くだけです。

ボタンの糸が緩むことがよくあります。

糸が常に切れている場合は、ワックスを塗っていないデンタルフロスをお勧めします。これははるかに強力です。

または、無色のマニキュアを塗ってワイヤーを補強します。

ステープルまたはフックを縫う

ステープルは小さいものです 黒い金属または鋼で、その目的は衣服の開口部の2つの端を閉じることです。 ベルト または列。

ステープルを端から3mmの位置に配置します。

より堅固にするために、衣服の色の30〜35 cm(60〜70 cmの糸)の二重糸の針を取り、数針で衣服の生地にフックを固定します。次に、場所を突き出さずに2つの穴に針を挿入します。

フックシャンクに数針縫い、フックからそれほど遠くないところにバックステッチで仕上げます。

次に、もう一方の端から3 mmの位置で、ステープルの2番目の部分と同じように、生地の上部にステッチせずに縫います。

クリップを掛けます。

これで、ベルトまたはカラーの2つのエッジが、クリップが見えないように平らなままで互いに接触する必要があります。

チップ

より簡単に針を通す

子供たちが工芸品に使う頑丈なスティックのりに糸を広げます。

糸はまっすぐにとどまり、目を通してより簡単に滑ります。

糸が絡まないようにする

一本糸:結び目を作り、最後にスプールから切り取ります

二重糸:両端で別々に結び目を作ります。

裾を縫う

それを曲げます ズボンの底 または、ドレスを希望の長さに内側に向け、側面と前後の各縫い目に水平ピンを縫い付けて、折り目を維持します。

常に測定せずに裾に印を付けて、どこでも同じサイズになるようにするには、厚紙または段ボールに希望の高さで切り込みを入れます。

紙を布に移し、鉛筆で布に印を付けます

衣服とは異なる色の長い一本の糸を使用して、ゆるいステッチでしつけを縫います。

ピンの上にアイロンがかからないように、折り目をマークするアイロン。

ピンは、消去するのが難しい痕跡を残します。

裾がすっきりしているので、ジグザグステッチを使用して、衣服の生地に一致する高品質の「オールテキスタイル」糸を使用して縫うだけです。

クイックヘム

裾を離れるときにステッチが外れ始めたら、無色のマニキュアを使って少し触れて(瞬間的に)接着します。