面白い

法律で定められている責任を負う犬や猫による事故

これは あなたの責任 あなたに関して ?君の ネコ、 友達に打ち明け、コミット ダメージ 彼らのカーペットやソファに?あなたの時計を逃れる、あなたの 彼と一緒に楽しんでいた子供を噛んだ? 誰が責任者 これらの 事故 ? 法律は何と言っていますか?

事故の際に犬や猫の責任者

法律に従った犬と猫の飼い主の責任

ザ・ 動物の飼い主、またはそれが使用されている間、それを管理している人は誰でも 責任者 残念なことに動物 引き起こされた、どちらか動物 彼は彼の拘留中にいた、彼は失われたか逃げた」(民法第1385条)。

したがって、猫や犬の飼い主は、たとえば犬が警戒を怠って逃げ出したとしても、彼に責任があります。

休暇中に猫や犬の世話をしてもらいましょう

猫や犬が獣医に搭乗または委託された場合、それは彼らの世話になり、もはや飼い主の管理下にはありません。

そして、引き起こされた損害の責任を負うのは動物が委託された人であり、犬または猫の飼い主は監護権を譲渡し、したがって彼に責任を負います。

警告

予防措置として、あなたの動物を誰かに委託する前に、あなたがあなたの猫またはあなたの犬を委託する人が十分に保険をかけられていることを確認してください)。

の場合、親権の移転もあります そしてその ネコ数日間滞在して食事をした隣人に自発的に与えられます(ヴェルサイユ控訴裁判所1998年2月13日)。

ただし、裁判所は、動物が散歩のためだけに与えられた場合、飼育員は責任を負わないと見なします。

部分的責任

あなたが誰かにあなたの またはあなたの ネコ 危険で、彼を引っ掻いたり噛んだりする可能性があり、それでも彼が寄りかかって彼を撫でる場合、噛まれた人は 事故の責任所有者とのt

ただし、所有者の責任は部分的に関与したままになります(判断22/10/81)。

警告

もしあなたの またはあなたのc帽子 人を噛んだり引っ掻いたりした場合、狂犬病の症状の出現を検出するために、法律により、週に3回の健康診断のためにできるだけ早く獣医に提示することが義務付けられている場合があります。

これらの3回の訪問の費用は、保険で払い戻すことができます。

犬または猫の飼い主の責任

あなたの猫や犬が誰かにダメージを与えています

犬または猫の飼い主として、あなたは犠牲者を補償する必要があります。

あなたの猫や犬によって引き起こされた事故に対して保険をかける

賠償責任保険は、ほとんどの場合、包括的な住宅保険に含まれています。

犬や猫が第三者に身体的または物的損害を与えた場合(例:咬傷や衣服の破れ)、保険はこの損害をカバーし、第三者による不当または誇張された主張からあなたを守ることさえあります。

しかし、この保険は、自分自身や愛する人に生じた損害をカバーするのではなく、第三者に…そして特定の状況で引き起こされた損害をカバーします。

警告

事故が発生した場合、家族はあなたが 保証 個人に対して 事故 または1つ 契約する GAV(の保証 事故 人生の。

責任者の事故犬シッター

私たちはあなたの猫やあなたの犬を盗んだ

あなたの犬や猫が盗まれた場合、マルチリスクホームポリシーはあなたを補償しません…いくつかの例外を除いて。

保険会社に相談してください!

警告

猫や犬の飼い主は保険に加入しなければなりません。

の場合事故 あなたによって引き起こされた 猫と犬 あなたは修理の経済的影響を引き受ける義務があります ダメージ。

あなたの猫、あなたの犬、そしてあなたの保険会社

あなたの存在を発表することを忘れないでください ネコ またはあなたの あなたの 保険会社。

あなたに確認してください 保険会社 あなたの報道の範囲、時にはそれは不十分かもしれません。

いつでも、保証の延長またはサブスクリプション 保険契約 考慮することが出来る

犬や猫による事故の場合

すぐにあなたに通知します 保険会社、 事故から5日以内に、事故の状況を明記した書留郵便で事故、 被害者と目撃者の日付、場所、連絡先の詳細。

あなたの手紙が詳細であるほど、あなたはより早く世話をされます。