面白い

手紙を手書きするとき

電子メール、SMSを送信します 時々十分ではありません。いくつか 機会 必要とする 郵便物、 と1つ 手書きメール、 マシンではありません。発見する 状況 あなたがすべき 手紙を送る または1つ 書かれた言葉 あなたの手から。

いつ手書きするか

いつ 手書きで書く必要がありますか

次の場合は、手で書いてください。

-招待に好意的に応答するかどうか

-私信

-おめでとうの手紙

-お悔やみの手紙

-感謝状

-キャンセルするお詫びの手紙

-授業を欠席したことをお詫びします

- はがき

-グリーティングカード

-名刺

- カバーレター

-申請書(広告で必要な場合のみ)

はがきを書く

「おもしろい」と言われ、必ずしも洗練されているとは限らないハガキを送る場合は、誰にも衝撃を与えないように、封筒に入れてください。

はがきを友達に送ってください。ただし、上司には送らないでください。